スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.01.12 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

■ひろせなおき個展「東京ネットカフェ犯行記」






ひろせなおき個展「東京ネットカフェ犯行記」

期:2014年1月17日(金)〜1月21日(火) 14:00〜22:00
オープニングレセプション:17日(金)18:00〜
会場:ナオナカムラ (素人の乱12号店 …東京都杉並区高円寺北3−8−12 フデノビル2F)











はじめて知った東京の夜は
16のとき。
渋谷。新宿。池袋。
街に、優しく包まれる感覚は
10年たった今も変わらない。。。
東京って
「街のすべてが家」なんだ。
住む。
どこに住む?
だれと住む?
それは、自由に選択できる。
しかし、
ひとりでネットカフェに住んだら
難民と呼ばれてしまった、、、。
長屋での生活
学生を支えた 寮や下宿
最近、流行りの シェアハウス。
ここから仲間はずれにされたネットカフェ。
おかしいだろ?
同じ共同生活にしか見えない。
どこが難民なんだよ?
僕もネットカフェに住んでいた。
自ら好んで住んだ。
楽しかった。
友達もできた。
難民じゃねぇし。
間違いなく、難民と呼ばれる必要がない。
もぉ、ネットカフェ難民の時代は
終わってる。
むしろ、今の最先端。
快適さや、利便性を求めた
新しいライフスタイルが
ネットカフェにあるんじゃねーの?
 



 
ひろせなおき
1987年11月2日 できあがり。NO 反抗心 NO らいふ。いくつになっても、男として可愛くいたい26歳。性的なイミジャナイヨ?住んでるとこ東京のどっか。だって街が家なんだもん。特技ゎね。改札の前で、、、引き返すこと。今日も夜の東京を捜す。目的もなく、捜す。目的はないけど、、、なんかヤバイ出会いに期待してるぉ‼







  ↓アクセス↓

















 

■キュンチョメ個展「ここではないどこか」









キュンチョメ個展「ここではないどこか」


 

皆が募金をはじめた頃

僕たちはタイムカプセルを埋めに行った。

 

  皆が忘れ始めた頃

僕たちは指紋を集めはじめた。

 

「震災ネタってうざいよね」と酔った友達が言った。

翌日、僕たちは再びあの場所へ向かった。

ここではないどこかへ。


 

会期:11月20-24日
時間:13:00〜22:00
入場無料
場所:ナオナカムラ 高円寺素人の乱12号店
166-0002 東京都杉並区高円寺北3-8-12フデノビル2F奥の部屋
高円寺駅より徒歩6分

キュンチョメWEB http://kyunchome.main.jp/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一年ぶりの個展です。

キュンチョメをギュっとギュギュっと詰めます。

新作ドサッと公開します。

ここではないどこかへの扉を開けておくので、どうぞお越し下さい。






 


天才ハイスクール四期生展『ハイノリティ』

 天才ハイスクール四期生展『ハイノリティ』





美学校天才ハイスクール‼‼ 四期生、chim↑pom卯城クラス、初グループ展をドロップ


世の中するぅー
バーーーンッ‼‼‼‼‼‼‼‼‼
社会がぬいつけた
あなたの目を開いてあげる
つか、ムズカシーことは知りたくねーし
バカテンサイのハイなノリ
ふりーだむ無きフリーダムで
社会をシャッフルする少数派
ブレーンふっ飛ばすアップロード
ねえ、きれいなだけなら
いますぐ死んじゃってよ
爆破‼‼‼ 世の中つくってるゴミニケーション
アタマんなかで生きてるヤツラ
カスりもしねぇレス
くり返すなら炎上しちゃいな
もし明日がないなら
今日のうちにパーティーしとけ
ハイライドでキレてるなら
ヤることわかってんだろーが‼‼‼‼
闘い続けろ



[日程]
2013年9月25日(水) 12:0 0〜CLOSE
2013年9月26日(木) 12:00〜17:30



[作家]
青木陽
ハンガイショータロー(作家名簿集中)
西澤優花


[イベント]
 25日(水)20:30〜より、ゲスト講評陣によるトークショー形式の講評会がございます。

司会   卯城竜太
 
講評陣   風間サチコ , 加藤翼 , 松田修 , 村山悟郎


[会場提供]
  無人島プロダクション/SNAC
 
  東京都江東区三好2-12-6 渡邊ビル1F
 東京メトロ半蔵門線・都営大江戸線「清澄白河」駅
 B2番出口より徒歩2分/A3番出口より徒歩4分




ケムシのごとし個展「第831話『つよい気持ち』」

 

ケムシのごとし個展「第831話『つよい気持ち』」


 

会期:2013年8月31日(土)〜9月3日(火)

※4日間、開催時間が毎日異なりますのでご注意ください

8月31日(土) 6:30〜20:00

9月1日(日)2日(月)13:00〜20:00

9月3日(火) 12:00〜22:00

オープニングレセプション:31日(土)18:00〜

イベント:31日早朝6:30より、ケムシのごとしによるラジオ体操をニコ生で配信予定

会場:素人の乱12号店(東京都杉並区高円寺3−8−12 フデノビル2F)

作家WEBサイト:http://kemusi-pro.com/



2013年 夏のとある日記

8/○実家のある秋田に4日ほど帰省している。家族が私に会いたがっており、 私もやる事があり、実家の黙っていても食事が出てくるというありがた い状況 を利用して、心に余裕をもって作業しようと考えた次第であります

8/○昨日は朝までネットをしていた。朝早く起きようと思ったのに、起きたら 13時だった。

昨日は風呂入ってなくてねむい。じゃなくてくさいだ。

8/○自分を自分で改めて見るとギャースッ!!!てなる。

音楽を聞き永遠の幻想郷に浸っています。時には昔の記憶場所も利用して、私は 幻想郷の中にずっといようと試みます。気持ち良かった瞬間をずっと ずっとぐ るぐるぐるぐるぐるg

8/○「ご飯できたよ〜」で一気に引き戻される。

もう夕方になっていた。








REDICAcrew個展「REAL DEALS」

 REDICAcrew個展「REAL DEALS」



会期:2013年7月19日(金)〜23日(火)
13:00〜20:00

オープニングレセプション:19日(金)18:00〜

イベント:19日(金)20:00〜翌20日(土)16:00、オールナイトパフォーマンスイベントを開催予定。その他多数イベント開催(決定次第随時更新いたします)

会場:素人の乱12号店(東京都杉並区高円寺3−8−12 フデノビル2F)
GARTERギャラリー(東京都杉並区高円寺3−4−13)

作家WEBサイト:REDICAcrew

詳細:ナオ ナカムラ



 
 
 

 アートは日本じゃ所詮借り物であった。では僕たち表現者は何をするのか。どう社会にリ リー スされるのか。何に於いて。

 自分達の足元に根付いた表現活動の領域を、社会にぶん投げる為には。

  カオスラウンジ、渋家。作家性は削がれて行き、現象だけがうねる時代。ネット、人間の均一 化、だまって殺される。社会にオルタナティブを付与する、には。

 自分達のオルタナティブなテリトリーをお家の外に確保する、には。


 さて。
 
岡志憧









石井陽平個展「真のLOVE展 これが僕の愛のかたち 木からダッチワイフ、麻里子まで」


 
石井陽平個展「真のLOVE展 これが僕の愛のかたち 木からダッチワイフ、麻里子まで」


会期:2013年6月19日(水)〜23日(日) 13:00〜20:00
オープニングレセプション:19日(水)18:00〜
会場:素人の乱12号店、2号店(東京都杉並区高円寺3−8−12 フデノビル2F)
作家WEB:
石井陽平
詳細:ナオ ナカムラ










YAMAMOTO GENDAI Future Feature Vol. 06 天才ハイスクール!!!!展覧会「天才ハイスクール」

YAMAMOTO GENDAI Future Feature Vol. 06
天才ハイスクール!!!!「天才ハイスクール」


会期:2013年6月1日(土)〜6月29日(土)

開廊時間:11:00〜19:00 日月祝休廊

オープニングレセプション:2013年6月1日(土)18:00〜20:00
 

さて、わたくしども山本現代では、来る2013年6月1日から6月29日まで、 
 山本現代フューチャー・フィーチャーVol. 06
天才ハイスクール!!!![天才ハイスクール]を開催いたしますのでご案内申し上げます。

山本現代では「YAMAMOTO GENDAI Future Feature」と題し、ギャラリー・アーティストのカテゴリー外で、不定期に単発で断続的に、より自由かつ直感的な観点から、期待の新人や様々な可能性のあるアーティストをみなさまにご紹介してゆくシリーズを行っています。
時代や社会の問題を提起する新進気鋭のアーティストやそのムーブメントを共時性をもってご紹介していくことも、ギャラリーの使命のひとつと考えるからです。

天才ハイスクールはアートユニット「Chim↑Pom」のリーダー卯城竜太が講師を務める「美学校」の現代美術クラスです。今年で3期生まで輩出している天才ハイスクールは「アートとは何でもありの異種格闘技戦であり、その為のリングやルールを把握すればどんな才能でも戦う資格がある場所である」という基本理念のもと、20代を中心に個人、グループ、さまざまなメンバーで構成され、制作、発表を続けています。

昨年の10月に旧東京電機大学11号館で行われた「TRANS ARTS TOKYO」では特徴的な空間を生かし、アートの枠組みを超え、現代のリアルな表現として、関係者の間でたいへんな話題を呼びました。

オルタナティブ・スペースで表現を模索してきた彼らのリアルな現代アートを本展にて是非ご高覧ください。

さらなる詳細情報、写真等用意しておりますので、どうぞご用命くださいませ。はなはだ略儀ながら、まずはお知らせかたがたご協力のお願いを申し上げます。
末筆になりましたが、皆様いよいよのご発展を心よりお祈り申し上げます。


山 本 現 代
2013年5月
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
108-0072東京都港区白金3-1-15-3F
3-1-15-3F, Shirokane Minato-ku TOKYO 108-0072 Japan

T&F ++81(0)3-6383-0626
l@yamamotogendai.org
http://yamamotogendai.org
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


上記、山本現代プレスリリースより引用

天才ハイスクール!!!!×福住廉 限界とかねーし Limiter Cutしてるし 展


天才ハイスクール第4回展覧会「天才ハイスクール!!!!×福住廉 限界とかねーし Limiter Cutしてるし」展




会期:2013年4月1日(月)〜4月10日(水) 13:00〜20:00(最終日17:00まで)

会場:日暮里HIGURE 17-15cas(東京都荒川区西日暮里3−17−15)

入場無料
公式WEBサイト:ギグメンタ

参加作家:堅田好太郎、志水佑、キュンチョメ、臼田知菜美、大島嘉仁、西村健太、宮嵜浩、涌井智仁、ケムシのごとし、REDICA crew(岡 志憧)、石井陽平、中村留津子


TRANS ARTS TOKYOでの展覧会が記憶に新しい、卯城竜太氏(Chim↑Pom)が講師を勤める美学校の現代美術セミナー・天才ハイスクール!!!!と、「artscape」や「共同通信」に寄稿する一方、『今日の限界芸術』の著書や、ギャラリーマキで連続企画展「21世紀の限界芸術論」をキュレーションした注目の美術評論家・福住廉氏がコラボレーションしてHIGUREに登場!!!!
※ 会期中は作家が在廊予定。イベントも予定しております。

今回ゲスト・キュレーターとして参加させてもらう美術評論家の福住廉です。なぜ僕が招かれたかというと、昨年まで高円寺の素人の乱12号店で定期的に催されてきた「天才ハイスクール!!!!」の個展を継続的に見てきたからであり、なぜ僕が参加することを決めたかというと、「天ハイ」であれば、きっとおもしろい展覧会をつくることが期待できたからです。この文章を書いている時点で展覧会はまだ始まっていませんが、未知の可能性を眼前にした高揚感は少しもぶれていません。

もちろん、準備のための時間はあまりにも少なく、僕にできることは限られていました。打ち合わせにできるだけ参加して、アーティストの作品プランや展示計画に言葉で反応すること。アーティストが投げてくるボールを受け止め、こちらの投げ方で投げ返す。そのうちの何個かのボールは再びこちらに投げられる。そういう言葉のやりとりのなかから、(僕がではなく)アーティスト自身が作品のクオリティーや展示のアイデアを練り上げていく。ゲスト・キュレーターというと、なんだか偉そうですが、ようするにやったのはそういうことです。

はたしてどんな作品が発表されるのか、それは蓋を開けてみなければわかりません。けれども、まちがいなく言えるのは、彼ら若いアーティストの作品は、いずれも一見すると荒削りですが、一つひとつをていねいに見てみると、繊細な感性や真摯な社会批判、得体の知れないエネルギー、貴いバカバカしさを内側に抱えていることが実感できるにちがいないということです。もしかしたら、彼らのなかからポストChim↑Pomが生まれるのかもしれないし、あるいは逆に、きれいさっぱり玉砕するのかもしれない。今回の展覧会は、参加アーティストにとっても、僕にとっても、言ってみれば、ある種の賭けです。しかし時代と同伴しうる展覧会とは、そもそもそういう身を賭けた賭博行為だったはずです。

制作が大詰めを迎えた頃、緊張感を伴った打ち合わせのさなかにこんなことがありました。あるアーティストが作品の構想についてたどたどしくプレゼンするなかで、言葉に詰まった挙句、思わず「これが僕の限界です!」と口走ったのです。その場にいたみんなが「え、それ言っていいの?」と一瞬呆気にとられてしまいましたが、こういうところに「天ハイ」の魅力が凝縮しているような気がしました。緊張と弛緩、ないしは爆発力と求心力。もっと平たく言えば、バカと天才。双方が矛盾することなく併存してしまう不思議な空気感。これは、簡単なようで、なかなか得がたい特質だと思います。

今回の展覧会は、真面目なアートを望む人にとっても、不真面目なアートを楽しみたい人にとっても、きっとおもしろい展覧会になるにちがいありません。会期が短いので、お早めにご覧になることをおすすめします。会期中は、必ずアーティストの誰かが在廊していますので、ぜひ会話も楽しんでください。

                                福住廉







■キュンチョメ個展「遠い世界を呼んでいるようだ」



キュンチョメ個展

「遠い世界を呼んでいるようだ」







今夜すごい叫びたい
一番小さな墓を探したい
マッドサイエンティストになりたい
鍋の底の穴から月を見たい
イルカが住んでる水槽を叩き割りたい
トビウオと空を飛びたい
もう一度高校を中退したい
世界一小さなクジラと世界一大きな金魚を会わせたい
世界がヤバくて僕もヤバくありたい
窓際のカウンター席でぼおっとしてる人にキスしたい
生まれ変わったら小学校行きたくない
真っ赤な風船を渡して飛ばして太陽にしたい
私が視てきた風景は取っておきたい






 [キュンチョメ]


ゲリラ/ボム/街頭インタビュー/死ぬ準備、その他色々やってます。過去作品はWEBで!


 [会期]

   2012年11月9日(金)10日(土)11日(日)の3日間
  13:00〜20:00

 [会場]

 [ディレクター]
  中村奈央

 [協力]
  天才ハイスクール!!!!

 [交通案内]
  ナオナカムラ(素人の乱12号店)
  東京都杉並区高円寺北3-8-12フデノビル2階 奥の部屋(JR高円寺駅北口より徒歩7分)

  高円寺駅改札を出たら左。マクドナルドと上島珈琲の間の道を通ってひたすらまっすぐ。
  中華屋、ピンサロ、古着屋、パン屋、セブンイレブン、スーパーを通り過ぎてもどんどんまっすぐ。
  そろそろ商店街も終わるんじゃないか、という所に大きな花輪がおいてあります。
  そこが今回の会場です。.
















■天才ハイスクール!!!!第3回展覧会@TRANS ARTS TOKYO

 
天才ハイスクール!!!!卒業生&現役生が
神田コミュニティアートセンタープロジェクトTRANS ARTS TOKYOに参加します













[会期]


  2012年10月21日(日)〜11月25日(日)
  12:00−19:00 (火曜日休み)




 [参加料] 

   500円(期間中何度も使えるパスポート制です)



 [会場]

   旧東京電機大学校舎11 号館ほか
   (東京都千代田区神田錦町2-2)
  

 [参加作家]
   堅田好太郎/志水佑/キュンチョメ/臼田知菜美/大島嘉仁/西村健太/宮嵜浩/
   涌井智仁/ケムシのごとし/加藤絵里/REDICA crew(岡 志憧)/石井陽平/高木倫平
   /佐藤翔/中村奈央(ディレクター)
 


   [イベント]
    随時発表


 [公式HP]
 
 TRANS ARTS TOKYO


 主催:東京藝術大学(美術学部 絵画科 油画専攻)
 共催:神田コミュニティアートセンター構想委員会(委員長:佐藤一郎(東京藝術大学美術学部絵画科長))
 運営:一般社団法人非営利芸術活動団体コマンドN(東京都千代田区外神田6-11-14)
 協賛:住友商事株式会社 他






twitter

TAB

links

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR